社団法人 山梨診療放射線技師会 会員専用ログイン
HOME関連リンク

山梨診療放射線技師会について山梨診療放射線技師会会員の方行事予定行事実施報告


HOME 行事実施報告

行事実施報告 行事実施報告最新記事

  放射線フェスタが開催される
  (2017.01.09)
  平成28年11月12日(日)にイオンモール甲府昭和店3Fイオンホールにおいて放射線フェスタ(乳がん早期発見予防キャンペーン)が開催されました。
 乳がんに関する正しい知識の普及を図るとともに、検診の大切さを広く県民に知ってもらい早期発見につなげることを目的に山梨県臨床衛生検査技師会と山梨県診療放射線技師会の共催で行われました。
開催当日は山梨県診療放射線技師会の展示ブースを設営し、ホール内に啓発パネルやマンモグラフィ、CT、MRI、放射線治療等の説明パネルを提示し解説を行いました。
また、二台の骨密度測定器にての120名程度の骨密度測定を行いました。
当日は役員6名と会員の山梨厚生病院の前田さん、大月市立中央病院の後藤さんが参加されました。また、山梨大学放射線部の木村さん、古屋さん、濱崎さん、菊池さん、内田さん、若尾さん、千田さんにお手伝い頂きました。
本年は120名の受検者があり、女性会員の活躍により、乳がんについて正しい知識や検診の大切さを普及啓発できたと思います。
来年度も開催予定ですので会員の皆様のご協力をお願いいたします。
総務 芦沢和成


 

  第33回石和福祉健康まつりに参加しました
  (2017.01.09)
  山梨県診療放射線技師会は、普及啓発事業として、地域が主催する福祉健康まつり等に参加し、骨密度測定を通じて県民の福祉・健康向上に貢献しています。
 平成28年度の事業計画では、3つの福祉健康まつり等に参加し、骨密度測定を行い、骨粗鬆症の予防啓発に努めています。
平成28年11月13日(日)笛吹市石和スコレーセンターにて平成28年度第33回笛吹市石和福祉健康まつりに参加しました。9時30分から12時まで、骨密度測定と結果説明を医師1名、名誉会員1名、役員5名、会員1名、協力者3名の計11名で行ないました。     受検者は96名で毎年受検している方も多く、住民の健康に対する意識の高さを感じました。また、測定を待つ受検者の列が絶えることなく大盛況でした。今後も、骨密度測定事業を通して県民の健康意識向上に貢献できるよう努めてまいります。
総務 芦沢和成


 

  街頭キャンペーンが開催される
  (2017.01.09)
  日本診療放射線技師会により制定された「レントゲン週間」は、毎年11月2日から8日までの7日間開催されます。今年度も県内各施設でレントゲン週間を啓蒙するミニのぼりとポスターを設置し、レントゲン週間開催の目的となる診療放射線技師が『国民から見える職業へ』の一環として会員にご協力をいただきました。
またレントゲン週間街頭キャンペーンとして、山梨県診療放射線技師会では今年11月2日(水)午後5時30分より、甲府駅南口と北口においてレントゲン週間を啓蒙するリーフレットとポケットティッシュを配布いたしました。街頭キャンペーン当日は、甲府駅前を通行する人々の服装も冬支度となっていました。参加者はおそろいのグリーンのジャンパーを着て、レントゲン週間と書かれたのぼり旗をかざし、声を嗄らしながらリーフレットとティツシュを配布していました。またハンドマイクによる診療放射線技師やレントゲン週間について啓蒙を行いました。
リーフレットを受け取った県民からレントゲンについて質問される光景が見られ街頭キャンペーンの啓蒙効果の大きさを知ることができました。
参加者は、技師会役員10名と会員1名で約500組以上のレントゲン週間啓蒙リーフレットとポケットティッシュを配布することができました。
     総務 芦沢和成


   

 

  診療放射線技師のためのフレッシャーズセミナー開催される
  (2017.01.09)
  平成28年9月10日(土)に診療放射線技師のためのフレッシャーズセミナーが山梨大学医学部附属病院放射線部二階カンファレンスルームにおいて開催されました。
今回の参加者は14名でした。
 フレッシャーズセミナーは、会員・非会員を問わず、新しく免許を取得した新人技師を対象に、診療放射線技師としての必要な基礎知識を理解し日常業務に活かしていただけることを目的に、エチケット・マナー、感染対策、患者介助のトランスファーテクニックの講義が行なわれました。セミナーの最初には佐野会長より職能団体である放射線技師会の役割や活動の重要性について説明があり、技師会活動の理解を深める機会になったことと思います。
また、日頃より腰痛に悩まされる日常業務において、リハビリの専門職である理学療法士の小尾技師長に患者介助のトランスファーテクニックの実習をしていただき、受講者にとって基礎知識の確認など有意義なセミナーとなりました。
(一社)山梨県診療放射線技師会
芦沢 和成


 

  平成28年度「中高生のための診療放射線技師体験教室」が開催されました
  (2016.09.14)
  一般社団法人 山梨県診療放射線技師会 主催の第20回「中高生のための診療放射線技師体験教室」が平成28年8月20日(土)に山梨大学医学部附属病院放射線部にて開催されました。
この「中高生のための診療放射線技師体験教室」は昨年まで「放射線ふれあい教室」の名称で行なわれてきました。放射線に関する知識の向上と、職種としての診療放射線技師を広く県民の皆様に理解して頂く事を目的とし開催しています。今年度は県内の高校生19名と中学生3名の計22名の受講者となりました。
 当日は、放射線についてのミニレクチャー、放射線部内の検査・治療室の見学、撮影画像の説明などがおこなわれ、参加者の皆さんも興味深く視聴していました。特に人気があったのはCTの3D表示とTV室の透視撮影で、リアルな画像に驚いていました。参加者にとっては最先端の医療機器に触れる機会となり、貴重な体験学習ができたのではないかと思います。また進路選択を控えた高校生には職業の具体的イメージをつかむ有意義な時間を過ごせたのではないでしょうか。来年度も開催しますので、多くの中高生の参加をお願い致します。
 
(一社)山梨県診療放射線技師会
芦沢和成


 

  平成28年度親睦ソフトボール大会開催される
  (2016.09.13)
  平成28年7月16日(土曜日)甲府市中道スポーツ広場において、毎年恒例の山梨県診療放射線技師会主催の親睦ソフトボール大会が行われました。
二年連続で悪天候のため中止となりましたが、今年度、当日は曇り空ではありましたが、ソフトボール日和であり、熱戦が繰り広げられました。参加された会員は66名で6チームが編成され、優勝めざして試合が行われました。
各試合では、ホームランあり、ファインプレー、珍プレー?ありと、真剣な眼差しと和気あいあいとしたムードが混じる中、優勝を目指し真剣勝負が行われました。
試合の結果は以下のようになりました。

順位
優勝  混成チーム(上野原・城南・市立甲府・GE・山梨大学)
準優勝 マコト医科精機(株)
3位  役員チーム(技師会役員・助っ人)
4位  協和医科器械(株)
5位  連合チーム(加納岩・大月・マコト)
6位  山梨県立中央病院




 

  第3回ワンポイントセミナー開催
  (2016.08.01)
  2016年7月29日(金)山梨県厚生連健康管理センターを会場に第3回ワンポイントセミナー(安全)を「再度、問われる放射線検査の安全性〜最近の事例から顧みて、取り組みと工夫〜」と題し開催しました。当日50名以上の参加となり安全な検査をはじめとした医療安全への関心の高さが伺われました。プログラムでは株式会社日立製作所ヘルスケアビジネスユニットの小林一郎様より関係法令に基づき装置設計や開発段階でのリスクマネジメントと対応、そして実際の事例等についてお話頂きました。また各施設からの報告としては3施設の会員より特徴的な取り組みを紹介いただきました。最後の座談会では発表内容を元にさらにこれを広げる形で各モダリティにおける教訓を会場より紹介頂きました。時間の関係上、具体的対策といった部分まで踏み込むことはできませんでしたが、次回に繋がる内容となりました。
今回のセミナー開催にあたり快く会場を提供頂きました山梨県厚生連健康管理センター様、並びに短い時間の中で発表に協力頂きました小林様、そして小尾・保坂・町田会員にこの場を借りてお礼を申し上げます。

〜プログラム〜
1.事例の確認
   石和共立病院 佐藤洋一
2.メーカーでの安全対策
   日立製作所ヘルスケアビジネスユニット 品質保証本部 小林 一郎
3.施設での普段からの安全対策
   健診バス・X線TV:山梨厚生連健康管理センター 小尾 淳一
   核医学:JCHO山梨病院 保阪 勝
   一般撮影:山梨厚生病院 町田 順一
4.座談会

【お願い】
本会では今後もワンポイントセミナーを始めとし様々なスタイルで会員相互の学習機会の充実に努めて行きたいと思います。会員皆様のご参加・ご協力をお願いするとともに「こんなテーマを取り上げて欲しい」・「こんなスタイルで企画したらいいんじゃないか」・「是非、当院を使って欲しい」といった企画についての積極的なご意見を求めています。会の充実の視点からもお近く理事・運営委員を通じご遠慮なくお送りください。

担当:学術・企画委員会一同

 


 




会長ご挨拶 役員 定款 入会ご案内 県民(一般)の方へ

放射線管理士部会 学術大会・研究発表会 行事予定 行事実施報告 関連リンク
このページのトップへ